【初心者】VMware上にCentOS7.5サーバーをたてる

2019年5月7日

開発環境作るために。

VMwareをインストールする

まずVMware Workstation Playerをインストールします。
https://www.vmware.com/jp/products/workstation-player.html

「今すぐダウンロード」を押した後お使いのPCのOSに合わせて選択。
その後インストーラーの指示に従いインストールします。
また途中でプラグインのインストールなどの確認があればお好みでインストール。

次にCentOSのisoファイルをダウンロードする。
https://www.centos.org/download/

「DVD ISO」のボタンをクリックするとダウンロード先を選べるので
今回はjaistからダウンロードする。(4GBほどあります)

VMwareを起動すると以下のような画面がでるので、
「新規仮想マシンの作成」をクリック、ダウンロードしたISOファイルを選択して次へ

 

容量の上限など訊かれますが、特に設定しないひとはすべてデフォルトで進めてください。

完了すると以下のような画面になるので、矢印キーで「Install CentOS 7」を選択して
Enterキーを押してください。キーボード操作が効かない場合は画面を一度クリックしてから
操作してみてください。

CentOS7インストール時の設定

しばらくすると以下のような言語設定の画面がでるので日本語を選択する。
GUIで操作できるのでマウスを使って構いません。

続行を押すと次のような画面に移る。
日付やキーボード設定などはしばらくすると自動で設定されるが
インストール先の設定のみ確認が必要となっている。

以下の画像のようにディスクにチェックマークがついていることを
確認し左上の完了ボタンを押す。もしチェックマークがついていなければ
ディスクを選択する。

これを完了することでインストールが可能となるが、このままでは
OS起動後にネットに繋がっていない状態となってしまうので
「ネットワークとホスト名」という設定を開き、Ethernetの接続をオンにする。
もしこの設定を忘れてしまってもあとからifupコマンドで接続できます。

その後完了ボタンを押し、インストールを開始してください。

インストール中にrootのパスワードの設定と
作業ユーザーの作成ができるのでそれぞれ設定してください。
また作業ユーザーには管理者権限が必要となるため、
「このユーザーを管理者権限にする」にチェックボックスをつけてください。

インストールが完了するとVMware上のCentOSの再起動を促されますが、
ここで再起動せずにいったんシャットダウンをしてください。

もう一度VMwareを起動すると左側にCentOS7が追加されているので
それを右クリックし「設定」を選択してください。
すると以下のような画面がでてくるので、ネットワークアダプタを選択し、
ネットワーク接続を「ブリッジ」に変更してください。

以上の設定が完了したらインストールしたCentOSをパワーオンしてください。

SSH接続する

このままVMwareのコンソールで作業してもいいのですが
毎回VMwareを起動するのもめんどうなのでsshで接続して今後作業する。

IPの確認

まずIPを確認するためVMware上でログインしてください。
このときパスワードはキーボードで入力しても画面に表示されないため
気にせず打ち込んでください。

次にip aコマンドを打ち込んでください。
以下のオレンジ線の部分が仮想マシンのIPとなるためメモしておいてください。
(環境によってIPは異なります)

もしこれが表示されていなかった場合、インターネット接続ができていないため

sudo ifup ens33

と打ち込んでください。またこの時点で接続されてない場合、自動接続がオフに
なっていう可能性が高いため、このサイト参照の元自動接続をオンにしてください。

Tera Termのインストール

窓の杜からTeraTermをダウンロードしインストールしてください。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/

インストール中いろいろ聞かれますが問題なければすべてデフォルトで大丈夫です。

起動すると以下のような画面が出るのでホストに先ほど調べたIPを入力してください。

OKを押すとセキュリティ警告がでますが続行ボタンを押してください。

その後以下のような画面になるので作業ユーザー名とパスワードを入力して
OKを押してください。

以下のような画面になりログインができると思います。

TeraTermなどを使ってSSH接続することでVMware上では
簡単にできなかったホストPCとゲストPC間のコピペなどができるようになるので
ぜひSSH接続して作業することをおすすめします。